2006年 10月 01日

グラフィックを上手く貼るコツ

こんばんは。
今回は、ミニモト乗りなら誰でも通過するであろう、グラフィック貼りのコツをご紹介します。
ミニモトって自分の好みのグラフィックを貼ってオリジナリティーだしたいですよね。
でも、いざ貼り始めると、シワができてしまったり、空気が入ってしまったりで思うように行かないことが多いです。
特にサイドゼッケンプレートのマフラー側。
最近は、グラフィック自体に切り込みが入っていて、シワをなくすように工夫されています(以前は切り込みがなかった)。

まず、外装をブレーキクリーナーなどで拭き取り、石鹸水(キッチン洗剤を薄めたもの)を霧吹きします。
この霧吹きによって、貼り間違いなどのやり直しが効くようになります。
次に、グラフィックの貼り位置を大まかに決め、貼っていきます。
この時、内側から外側にかけて親指で伸ばしていくように空気を抜いていきましょう。
ドライヤーなどで、グラフィックをやわらかくして貼っていくとより効果的です。
a0093068_2054562.jpg

何度か、霧吹きしながらうまく形を整えていけば、完成までもうすぐです。
形が決まったところで、水気がなくなるまでドライヤーで乾かします。
少しの間、熱を冷ませた後、グラフィックの縁に付いている糊をブレーキクリーナーなどで軽く拭き取れば完成です!
a0093068_2055683.jpg

最初に、リアフェンダーなど比較的簡単な所から貼っていき、アル程度慣れてきたところで難しい箇所を貼ると良いと思います。
[PR]

# by littlewing23 | 2006-10-01 21:13 | minimoto
2006年 09月 28日

minimoto

初投稿で初マシン紹介です。


まずはこれ、KLX110
日本ではCRF50/XR50が主流のようですが、本場アメリカでは110が激アツのようです。
SIK110のスイングアーム、PRO TAPERハンドル、LWオリジナルグラフィック、ヨシムラエキゾーストシステムなどカスタム満載。
今後、i-shockを入れる予定。
a0093068_2045779.jpg

次これ、CRF100
見た目もでかいですが乗った感じもでかいです。こうなるともうアルティメットクラスのレース照準ですね。こちらもLWオリジナルグラフィック。カッコイイっす。
a0093068_20452571.jpg

続いてこれ、XR50このマシンは写真ではわかりませんが、Fフェンダーにマイクメッツガー直筆サイン入り。激レアです。
a0093068_20455186.jpg

手前、XR50 makitaSUZUKIグラフィック、kitacoリアショックアブソーバー、Fast50'sハードスプリング、PRO TAPERハンドルキット、FIVE-oグライドプレートなどカスタム満載。ストック車です。
奥、チャイナ製ミニモト。DCグラフィック、PRO TAPERハンドル、自作スイングアームなどのカスタムをしています。チャイナ製にしては前後ブレーキディスクだったり、最初からスーパーストック車だったり、なかなか使えるヤツです。
a0093068_2046766.jpg

[PR]

# by littlewing23 | 2006-09-28 21:03 | minimoto